住宅ローンとは

一般的な個人の人が一生の中でおこなう買い物の中で金額的に高い物といえば、住宅ではないでしょうか?住宅購入資金はどうしても多額になるためになかなか一括で支払うことが難しいものです。そのため、金融機関から融資を受けて、住宅を購入することが多いですよね。この住宅を購入する為の資金として金融機関が用意している特別なローンが住宅ローンです。個人に対して行う融資の中では、金利が低く、さらに完済までの期間が最大35年間と長いという特長を持っています。住宅ローンは目的別ローンの一つで、自分やその家族が住むための住宅や、住宅を建設する目的で購入する土地の代金に充てることができるもので、その他の用途に利用することはできません。住宅ローンを契約する時には、通常購入する住宅や土地が担保となるため、他の金融商品に比べると金利を低く抑えられるという特長を持っています。また住宅ローンを利用して不動産を購入すると、住宅ローン減税などの優遇措置を受けることが出来るという特長も持っています。非常に多額の融資になるため、審査は厳しくなっています。